丁寧な住まいを建てる|町並みに合う住宅を建てよう|自分好みの注文住宅

町並みに合う住宅を建てよう|自分好みの注文住宅

案内

丁寧な住まいを建てる

インテリア

生活にふさわしい住まい

近年は外国人の観光客も増加している京都です。しかし観光地以外では、とても閑静な暮らしが可能となります。古くから京都に代々暮らしてきた家族はもちろんですが、新たに気に入った土地で暮らしていくためにも注文住宅を建てることを考えましょう。住まいに対しては様々な考え方があります。もちろんローコストで建てて、住めればいいという考え方もあるでしょう。しかし生活の基本となる場所ですから、様々な希望を甲地にするとともに、丁寧な作業で長く住みつづけることのできる注文住宅をめざしましょう。京都の景観になじむように、そして長い年月が経過しても劣化せずにできれば子供の代でも住みつづけられるような注文住宅を建てるようにしましょう。

愛着のある住まいにする

近年は住まいを短期間で仕上げるようになっています。そのためには同一の規格で統一することで、均質な住まいを量産することになってしまいます。しかし本来住まいはそれぞれの家族のオーダーメイドの一点だけのものであるべきです。もちろんオーダーメイドで作り上げるためには、設計の段階からの意見調整が必要になりますから、時間も労力もある程度かかるタイプになってきます。それだけに住まいに対して真剣に向き合い、仕上がっていくのを目の当たりにしながら、実際に暮らすことになるので、とても愛着がわく住まいになります。工務店やデザイナー会社との相談を重ねて、コツコツと作っていきましょう。ただできた住まいをそのまま購入するのとは住まいへの思い入れが変わってきます。これから京都で暮らす住まいを大切に思うのなら、時間をかけてでも注文住宅にしましょう。